歯列矯正と確定申告

税金の問題に毎年頭を悩ませている方もいるかもしれませんが、仕組みを上手く活用すれば税金として支払ったお金の一部が返ってくることがあります。
今回は確定申告と歯列矯正の関係について詳しく見ていきましょう。
歯列矯正には大きく分けて2つの目的があります。
1つは歯並びを改善することがお口の健康にとって必要であると判断された場合です。
噛み合わせの不具合によって何らかの不利益を被っている方や、お子さんが将来のお口の健康のために歯並びを解消するのもこれに含まれます。

 

歯科矯正ならていねいな対応で評判のマークスタワーデンタルクリニック

 

もう1つは、外見としての歯並びの良さを追求したパターンです。
この2つの目的のうち、医療費控除として支払ったお金の一部が返ってくる可能性があるのは、前者の方になります。
歯並びを改善しなくては咀嚼や発音に関する問題が浮上するため、歯列矯正に踏み切ったという歯科医師の判断があるかが医療費控除を受けられるポイントといえます。
お子さんの歯列矯正もこうしたパターンと同様に控除の措置を受けられます。
見た目を美しくしたいという理由で歯列矯正を受けても、控除の対象とはならないので注意しましょう。

 

医療費控除の手続きは確定申告と同じ時期に税務署に対して行います。
控除される金額は所得や住民税との兼ね合いで変化しますが、一つの条件があります。
それは10万円以上を医療費のために支払ったかどうかです。
矯正治療の場合、ブラケットをはじめとした器具を作成するのに費用がかさみますから、10万円という金額に達することも少なくありません。
歯列矯正を考えている人は医療費控除を上手に活用してみましょう。

関連ページ

マウスピースで歯列矯正
マウスピースで歯列矯正
見た目重視の歯列矯正
見た目重視の歯列矯正