目立たないブラケット

歯列矯正に関するイメージを問うと、歯に金属製のブラケットをグルグルと巻き付けて、笑うとそれが見えてしまうという想像をする人もいると思います。
そういった姿が許されない職業の人にとって、矯正治療は手の届かないものなのでしょうか?
最近では矯正治療をしていることが悟られにくいブラケットも続々と登場しています。
今回は目立たないブラケット治療について詳しく見ていきましょう。

 

審美ブラケットと呼ばれる種類のブラケットは、前歯にあたる部分が透明な材質になっています。
そのため、一見しただけでは矯正治療中だと認識されるケースが少なくなり、笑顔を他の人に見せることに抵抗を抱く必要がなくなります。
値段は一般的なブラケットよりも高めで、材質によって大きく変化します。
気になった方は歯科医院で審美ブラケットの見本を見せてもらうと良いでしょう。
ブラケットは歯の前側に着けるのが一般的とされてきましたが、最近では歯の裏側に装着するという施術も広がっています。
歯の隙間からも矯正器具が見えるということはほとんどないので、歯列矯正中ということを悟られずに過ごすことが可能になります。

 

ただし、息の吐き出し方が多少変化し、発音が未装着な場合よりも不明瞭になる恐れがあります。
もう1つ注意したいのは、前側に装着するブラケットよりも歯にかかる力が弱く、矯正期間が長引きやすいという点です。
審美性を追求すると、前側に装着する金属製のブラケットには見られないデメリットが生まれてきます。
皆さんのライフスタイルに合った歯列矯正の方法を探りたいという人は、歯科医院で歯科医師に相談してみると良いでしょう。

 

http://www.ikedadc.com/