マウスピースで歯列矯正

矯正歯科の分野の発展と共に、矯正治療における様々な選択肢も増えてきました。
歯列矯正といえばブラケットを嵌めるというのが当たり前だった時代は終わりをつげ、最近ではマウスピースによる矯正治療に励む人もよく見かけます。
そこで今回は、マウスピースによる歯列矯正の特徴についてご紹介します。

 

 

 

マウスピースはスポーツ選手などが力を込めて噛みしめる際に用いる道具です。
歯に強い衝撃がかかり、歯並びが悪化するのを防ぐ効果があるとして一流の選手の中には愛用者が多く存在します。
そんなマウスピースを日常的に嵌め込み、外圧を掻けることで歯並びを矯正しようというのがマウスピースによる矯正治療のメカニズムです。
ブラケットとの大きな違いは患者の側で取り外しが可能という点です。
審美的にマウスピースを晒すことが出来ない場面や食事の際など、タイミングに合わせてマウスピースを外せるので、日常生活に支障をきたす可能性が低くなります。

 

また、マウスピースを外してしまえば普段と同様に歯磨きや歯間磨きに取り組めるというのも大きな魅力です。
なぜかというと、ブラケットを嵌め込んだ部分に歯ブラシが十分に届かなくなることが原因で虫歯や歯周病になるというケースが少なくないからです。
また、お口トラブルが発生したとしても、マウスピース治療であれば歯科医師の方も対応しやすいといえます。

 

ただし、歯並びのタイプによってはマウスピースで治療するのが難しい場合もあります。
歯にかかる圧力も、ブラケットやその他の歯列矯正に比べると弱い傾向になるので、ねじれている歯や、大きく歯を動かさなければならない矯正治療には向かないケースも見られるのです。
歯科医師と相談したうえでマウスピース治療を取り入れるかどうか判断しましょう。